うつ病や不安との付き合い方

このやりきれない不安な気持ちを少しでも解消したい

様々なストレス

 とあることがきっかけでリフレックスを服用することになりました。まだ治ってなかったのか、ストレスフルなのかわかりませんが、はやく自律訓練法を学びたいです。

 

 さてさて、薬のを飲み始めてから不意な刺激で俗に言う「ビンシャリ」があります。ビンシャリと言っても分かりにくいですが、全身に走るピリピリ、ビンビン、シャリシャリと言った痺れのような感覚が瞬時に走る感じです。

 次第にこの感覚が、些細な事で起きるようになりました。

 

世の中は刺激が多い

 薬を飲む前は、日常生活でドキッとする様な事はなかったのですが、薬を飲み始めてからは些細なことでもドキッとしている(ストレス)を感じているんだなと思いました。なぜそう感じるのか。そうです、薬の副作用であるビンシャリです。この感覚が走るとき、私は何かしらのストレスを感じているのだと察するのです。

例えば、

 

1.階段を踏み外しそうになった時

 これは明らかにストレスです。ストレスと言っても、ドキドキする方のストレスです。MAXビンシャリです。

 階段を踏み外しそうになるのは、ここ最近で4回ほど。その度にビンシャリを感じていました。よくよく考えると、何かしらのストレスを感じる時にビンシャリが来るんだと思い、それからは自分がストレスを感じたときの合図となりました。

 

2.後から徒歩で抜かされる瞬間

 これは足音が聞こえているので大したことないのですが、以外にストレスだったようです。後ろから視界に入ってくる瞬間、ピリピリッ!となります。

 

3.信号の無い交差点で車が停止線に差し掛かり私が横断しようとしているとき

 状況説明が難しいのですが、よくある話だと思います。この時もビリビリしますので、ストレスでした。薬を飲まなければ気が付きませんでした。

 

4.大きな声を聞いた瞬間

 もともと大きな音は苦手でしたので、やはりストレスを感じていた様です。

例えば「いらっしゃいませー!」

と大きな声を聞くだけでピリピリと感じます。特に高い声に反応してしまいます。元気が良くて良いのですがストレスでした。

 

5.電話が鳴った瞬間

 毎回ピリピリきます。新型コロナのお陰で会社の電話はあまり鳴らないのですが、それが逆効果で忘れかけた頃に電話が鳴りピリピリします。電話も私にはストレスだったのです。

 

まとめ

 薬を飲む前は特段ストレスだと思っていなかったことが、薬を飲むことによって、神経が敏感になり、何がストレスであるかが感じ取れるようになりました。思いの外、ストレスを感じていたのです。外に出るだけでも小さなストレスにさらされているのですから、敏感な人は、外出するだけでも疲れてしまうのですね。