うつ病や不安との付き合い方

このやりきれない不安な気持ちを少しでも解消したい

安眠の為の工夫とアイマスク

 近頃は、日が昇るのが早いので、目覚ましが鳴る前に薄っすらと目が覚めている、それも日の出と共に。そのまま寝られたら良いのですが、なかなか眠れない。でも、まだ起きたくない。時計も見たくない。

 どうしても会社のことを考えてしまい、悶々としてしまう。そのまま布団で悶々としている。

 考えない様な工夫はするが、なかなか難しい。どんな工夫かと言うと、、、、、

 

◎呼吸の数を数えてみる

 吸って吐いてを1回として呼吸の数を数えています。しかし、1回、2回、3回、、、10回、この時点で会社のことを考え始めています。毎回試しているのですが、寝られません。

 

◎心拍数を数えてみる

 次に試すのが心拍数を数えることです。しかしながらそれもまた、1、2、3、、、18、この時点でまたまた会社の事を考えています。時間にして20秒程でしょうか。これも毎回上手く行きません。寝られません。

 

◎宝くじが当たった妄想をしてみる

 これは気持ちが少し楽になります。もし当たったら、

  1. 一旦は会社を辞めている状態を妄想。
  2. 病院やカウンセリングや自律訓練法などをガッツリ受けている事を妄想。
  3. 自分を整えて気持ち穏やかになっている事を妄想。
  4. 気持ち穏やかに働く会社で働いていることを妄想。

 

この順番で妄想してます。でも、寝られません。またまた、会社の事を考えています。

 

アイマスクで物理的に光を遮断

 つけ心地が気になるところ。光が漏れ入ってくるのも気がかりです。しかし、物は試し、ネットを徘徊して購入してみました。物理的に光を遮断したら、ある程度の効果がありましたのでご紹介します。

  • まずは装着感。装着感や装着時の締付け感はマジックテープで調節が可能なので、好みの締付け強さが可能。

f:id:mako-life:20200621234719j:image

 

 

 

  • 目の周りにあるクッションで締付け感が軽減されます。さらに付けたまま目を開けられますので、眼球を押さえつけない構造になってます。

f:id:mako-life:20200621235137j:image

  • さらに、そのクッションが顔の凸凹の隙間を埋めてくれるので光の入り込みをなくしてくれます。

 

 このアイマスクのお蔭で、朝日と共に目覚めることは無くなりましたのでご紹介します。

 

 

 明日から、また1週間が始まります。

今日も一日ありがとうございました。