うつ病や不安との付き合い方

このやりきれない不安な気持ちを少しでも解消したい

不安を感じる時に服用したサプリメント

 「気持ちの落ち込み」や「うつ病」の自己予防のために日頃からサプリメントを服用しています。(少し飲みすぎかもしれませんが、飲まないと明らかに頭の回転数が激落ちします)

f:id:mako-life:20200407231037p:plain

 抗不安薬の代用として摂取していたセントジョーズワートが近頃効きが悪く、代用を探していたところ、DHCの「リラックスの素」と言うサプリが気になり、実際に試すことにしました。

 リラックスの素

 このサプリメント、主成分が緑茶の成分であるテアニンになります。

f:id:mako-life:20200405143052j:plain

テアニンは、お茶特有のアミノ酸で、高級なお茶に多く含まれているそうです。

「それなら、お茶飲めばええじゃないかぁ〜」

と思いますが、お茶にはカフェインが含まれます、、、、

 

テアニンの効能

 さて、テアニンはどの様な効能が確認されているのでしょうか。

 まず摂取すると30分〜40分でリラックスの時の脳波であるα波が確認されるそうです。

 また、不安傾向の低い人だけではなく「高い人」にもリラックス効果が認められているそうで、摂取する分量はWikipediaの「テアニン」の「生理作用」に書かれていますので参考にしてください。念のためリンクを貼り付けておきますね。

テアニン - Wikipedia

その他の効能

 下記の効能が期待されるそうです。

  • 起床時の爽快感
  • 熟眠感
  • 疲労回復感の改善
  • 月経前症候群(PMS)時のイライラ、憂鬱、集中力の低下等の精神的症状を改善 

 

どこで売っているのか

 このサプリメント、薬局を数件はしごしても見つからず、あきらめてネットで注文しました。確実に手に入れるにはネットが手っ取り早いと思います。

 

実際に服用してみて

 飲んでから40分後くらいから不安が和らいでいる感じが実感できました。気が付くと「あれ?不安が和らいでいる」みたいな感じです。

 

 私の不安レベルでは1粒でも十分でしたが、不安傾向が高い人は200mg摂取でリラックス効果が認められている(テアニン - Wikipediaより)ようなので、必要であれば含有量が多い下記のサプリを考えても良いかもしれないです。

 

まとめ

 古くからお茶の文化が根付いているのは、今で言う「精神安定剤」代わりとして(昔はそんな事は知らないと思いますが)飲まれていたのかもしれないですね

 

 少しでも皆様の不安解消のお役に立てれば嬉しいです。