うつ病や不安との付き合い方

このやりきれない不安な気持ちを少しでも解消したい

10歳の時から感じる孤独

孤独な人生と書いていますが、両親が健在しているだけ、幸せなのかもしれませんが、気持ちはとてつもなく孤独を感じています。 物心付いたときには、母はうつ病。当時は怠け病と呼ばれていたのか、父は理解を示さず、当時の母がよく寝込んだり、一度寝ると数…

転職で手に入れた幸せ その2

転職前は平日の精神的激務で疲れ果て、更に職場で担当する設備が365日稼働しているので、いつ不具合が起きるか分からず、気が休まらない日々でした。考え過ぎる私には不向きな仕事でした。 さて、転職後は365日拘束される職場ではないため、精神的にも楽にな…

転職で手に入れた幸せ その1

転職後、生活と気持ちが少し落ち着いた休日に、小学生低学年の息子と二人で回転寿司ランチとなった。どうしてもお魚が食べたいらしい。当日は妻と別行動。念のため回転寿司の連絡をし、許しが出たが、この転職でお給料が大幅に下ったため、生活費は使えない…

雑な自分を認める

私は雑である。 いや、以前、雑と言われた事がある。 なので自覚はなかった。 しかし、近頃になって、その意味がわかった気がする。どんな時にそう感じるか。 詰めが甘い。詰められないから何事も正面突破しようとするが、それ以外の方法が面倒である。 気が…

「不安」しかない転職後の仕事

不安を綴ります。 有用な情報とならないかもしれませんが、少なくとも転職者の人は経験したかと思いますし、もし、身近に転職者がいましたら、似たような気持ちかもしれません。 1. 転職すると初めての環境で初めての仕事ばかり。今までとは違う人達なので勝…

うつ病の時∶休職中はとにかく眠かった記憶がしかない

休職前の記憶 仕事をしながら薬を飲み、何とか頑張っていた当時(確か30歳頃)、一年ほど通院しながら働いていましたが、寝ても覚めても仕事の事で気が休まらず、プレッシャーと仕事量、上司からの追い込みで(今思えばイジメですね)完全にダウンし、休職へ…

転職妄想していたら分かったこと

とても都合の良い話ではありますが、働きたくないのです。 いや、正確には今の仕事がやりたくない。やっぱり毎回違う仕事は苦手なのかもしれません。かと言って、変化がないのも辛いところです。 変化のあるの仕事をしていると、一つのことを極めるような仕…

持続可能な社会を真剣に考えてみる

時々海へ出かけますが、そのたびに気になるのがプラゴミ。その傍らには、空缶。写真を取りましたので比較します。 〈プラスチック製容器〉 こちらはプラスチック容器です。原型をとどめています。どの程度の経過したのか分かりません。この手のプラスチック…

その瞬間の気持ちを永遠に記録したい

順調な時ほど大切な人のこと、大切な気持ちを忘れてしまう 私は順調な時ほど身近な大切な人に対する気遣いや存在すら忘れてしまう。 前回の単身赴任の時は、一年間の短い間でしたが、離れてから家族の大切さを知りました。単身赴任で気持ちが寂しくなり、順…

精神安定剤の代わりになった市販のサプリメント

お薬は副作用や離脱症状がありますし、強制的な脳への作用なので、薬で精神を回復させて、少しずつ回復を望みたいものです。栄養バランスの良い食事に、ウツに効果的な食事を摂取するのが理想ですが、恐らく無理です。 出来ることなら市販されているサプリメ…

転職妄想 その1

異分野の仕事はやっぱり辛いです。さらにある程度の専門性が問われると撃沈です。日々勉強していますが、担当する案件が変化球すぎて心労です。全く違う世界です。もう、ありえないです。と言わないと精神が崩壊します。 慣れるまでに3年程でしょうか。 いや…

究極は死ぬときに後悔しない生き方

自分の人生の岐路において引返せない分かれ道があるとき迷いが生じます。 お金の面、生活の面、年齢の面、その他、いろいろと考えてしまい、なかなか行動できません。 物心がついたときから経済的に裕福ではなく、その為か裕福な家庭を見て妬みがあり、心に…

現職にもの足らなさを感じた時こそ現職で成功するチャンスの時

自分のペースで仕事をする事の大切さを感じているこの頃ですか、もう一つ大切なのが、自分が携わってきた仕事に就くことと思います。当たり前の事ですか、難しい事でもあります。 初心者歓迎とありますので、つい、今の仕事から逃げ出す気持ちが働き、そちら…

「不安」と「あせり」と体力

幼い頃から「夜ふかしはダメ」と言われ、「夜ふかしは悪だ」と教育されてきました。 純真な私は、20歳までそれを信じて生活してきましたが(恐らく)、学生の頃に行ったラスベガスで、紳士淑女が夜通しカジノをしてる姿を見て「あ、夜寝なくてもいいんだ!」…

何も楽しめなかった自分

近頃は、落ち着いた気持ちでいられます。書物を読み、皆さんのブログを読み、考え方が変わったのかもしれません。あと、オジサンになったのも原因の一つと思います。 仕事に対する考え方の変化 転職後のこの時期は、結果を求められる感じがして気持ちが焦り…

感情的に弱っていても心は豊かになる

気持ちが元気であった時に見たドラマを久しぶりに見ました。朝方5時近くまで見てしまいました。心が弱った今、全く異なる視点で見ることが出来ます。いや、見るのではなく心が感じられる情報が元気のない今の方が多く思います。 「このシーンの行間にはこん…

敏感すぎる人、不安になる人、考えすぎる人が落ち着ける場所

新天地となると、今まで身近に居た人たちに会えなくなり、その為、心落ち着く空間が欲しくなります。 静かな場所でも良いのですが、逆にあれこれと考えてしまい不安になる。外に出て他の人の気持ちを適度に取り入れて、気を紛らわすことをしないと滅入ってし…

転職活動の前にやるべき事

転職を考える理由は人それぞれと思います。私の場合は、仕事が終わると精魂共に疲れ果ててしまい、近い内に倒れてしまうんじゃないかという危機感があったことと、チャレンジしたい気持ちなどなど、いろいろな気持ちが混ざった感じでの決意でした。 会社に不…

HSPとHSPが一緒に仕事した結果

私がHSPの事を知ったのは、真面目で賢い職場の同僚が教えてくれました。 お昼休みは同じ課でもあるので、一緒に食べていたのですが、子供の話で良く盛り上がりました。そんな中、私の子供の発言や行動からHSCじゃないかと心配してくれたのがキッカケです。そ…

自分を変えようとすると辛い理由を考えてみた

うつ病になった原因であろう事に対して、改善するために、自分の考えや性格など、変えようと試みます。 でも、これがストレスで、うつ状態となったり、自己嫌悪に陥ることも、大いにありました。 変わろうとする行動は、何かしらの我慢が生じます。我慢は年…

想いに対する行動

「こうありたい!」 と、強く想うと不思議と実現できる。 昔も今も、願いを叶えてきた。 叶えるためには「願い」だけではなく「行動」も必要で、不思議とそれに向かい行動している。不思議とではなく、下調べや情報収集のもとで、それに向かい行動している、…

新型コロナウイルスによってもたらされたもの

新型コロナで在宅勤務が増えていますが、ゴールデンウィークの休みも増えているかと思います。 在宅が増えれば、家族と過ごす時間も増え、特に子供がいる家庭では、子供が生まれて以来、連続お世話時間を更新しているのではないでしょうか。 家事育児がどれ…

未来(今)の私達が背負う環境の問題

プラスチックは私達の生活を便利にしてくれる一方で、生態系や人体への影響、自然環境への負荷など、人間ではコントロール出来ない事が起きています。 多くのプラスチックは、自然にはない化合物のため、目に見えないほど細かくしても、腐敗することなく、環…

薬やサプリで不安が消えないときの私の対処法

近頃、自覚するほど体力が落ちています。若いと思っても体がついてきません。 さらに、40代と言う響きが年相応の働き方を期待されている様に感じ、精神的にも辛い立場です。 気持ちを奮い立たせ、負けじと運動しますが、疲労がたまる一方です。 肉体疲労とう…

休み前に頂いた憂鬱

入社してから一ヶ月ほど、連休前に部長より呼び出しがありました。 え!、何かやらかしたか、、、 いやいや、仕事もそれ程してないし、、、 どう考えてもやらかしようがない、、、 猫かぶり過ぎたか!、、、 こんなときは何を考えても堂々巡りなので、直接話…

自分とは、、、

あなたを一言で説明して下さい。 自分の特徴を説明して下さい。 いずれも答えることが出来なかった。考えさせられる課題であった。 自分は何だろうか。自分の軸はどこにあるのか。周りに流されているだけで、本当は何がしたいのだろうか。 分かってることと…

ダイエット生活

今日は早めに帰宅して読書を楽しむ予定でしたが、いつもの帰宅ウォーキングを怠ると、体調がおかしくなり、うつ状態になるのではないかという恐怖心から、いつも通り1時間かけて歩いて帰宅しました。 平日、これだけ歩いて痩せないのは、なぜか。 素直に白…

ダイエットと運動とうつ症状改善

一週間の歩行距離が40kmを超えました。 以前は車通勤でしたが、その時の一日の歩数と比べると、ざっと7倍ほどになります。 これだけ歩いてるので、ダイエット出来たかな と、期待を胸に体重計に乗るのですが、見事に期待を裏切られます。 昨年、カロリミット…

恋、黄昏、裏切りの涙とその先の夢

昔聞いたラブソング。当時は好きな人を想い聴いていた。胸が切なくなる甘い思い出。 大人になって当時のラブソングを聴くと、あの時を「想い」胸の切なさが、甘く苦い気持ちへと変化して、心にしみる。 歳を重ね、当時のラブソングを聴くと、共に苦楽を共に…

花を感じる心、自分の見た目

歳を重ねるたびに、花で心が癒やされるようになりました。特に、道端やすみっこに咲いている小さな花に。けな気でもありながら可愛らしい。よく見ると凛としてそこに存在している。一方で、これらは雑草として分類されてしまうのでしょうか。 小さい花ながら…